業者にCDジャケットの印刷を頼んでみよう

お手製のCDのためにCDジャケットを作るには、昔は自宅で家庭用プリンターを使って印刷するくらいしか手段がありませんでした。

プロの印刷業者に頼むと、とてもさばき切れない枚数でないと対応してくれないというところが多かったからです。



個人用、せいぜい身内にしか配らないとなるとどうしても小ロットとなってしまうために自分で何とかするしかなかったのですが、現在では最低5枚から、10枚からといった小ロットにも対応している業者が増えてきています。また、見積もりも無料だったりネットのみで依頼が出来たりと敷居が低くなっています。
どこまでもコストを落としたいというなら自宅のパソコンでCDジャケットを印刷するのもいいでしょう。少し調べれば、パソコンに最初から入っているソフトだけで作成することも可能です。

ですが、例え身内向けでもあっと言わせたいオリジナルデザインのCDジャケットを作成したいならば、印刷業者に頼んでみるのをお勧めします。
今までCDジャケットを作成したことのない方なら尚更です。


コツを掴むまでに大量の紙やインクを使ってしまい、最終的にトータルコストが業者に頼むよりも高く付いてしまう可能性もあります。餅は餅屋です。



デザインから丸投げ出来て、品質が保証されている方を選んでみてはいかがでしょうか。

他種類に及ぶカード印刷の情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

ちなみに、値段も最小枚数も業者によってかなりの差があります。
ネットで色々比較し、自分の要望にあった業者を選びましょう。